<発表論文>

 

1. バイオチップ実用化に向けた連携と今後 -DNAチップ産業化に向けた標準化の動き-

  月刊自動認識 20088月号

  バイオチップコンソーシアム 運営委員 秋山英雄

 

2. バイオチップを支える日本の技術と国際標準化 テクノフロント0明日のビジネスへのヒント

  ジェトロセンサー 20093月号

  バイオチップコンソーシアム(JMAC) 運営委員 中江裕樹

 

3. 食品検査用バイオチップの国際標準化 -日本がリードするバイオ産業の標準化動向-

  クリーンテクノロジー 20125月号

  バイオチップコンソーシアム(JMAC) 運営委員 中江裕樹

 

4. A set of external reference controls/probes that enable quality assurance between different microarray platforms.

Anal Biochem. 2015 Mar 1;472:75-83. doi: 10.1016/j.ab.2014.11.012. Epub 2014 Dec 4.

Akiyama H, Ueda Y, Nobumasa H, Ooshima H, Ishizawa Y, Kitahiro K, Miyagawa I, Watanabe K, Nakamura T, Tanaka R, Yamamoto N, Nakae H, Kawase M, Gemma N, Sekiguchi Y, Fujibuchi W, Matoba R.

ログインフォーム

Copyright © 2010 ---.JMAC All Rights Reserved.