------------------------------------------------------------------------------------------------- 

●標準化活動

------------------------------------------------------------------------------------------------- 

JMACは、2007年の発足当初から経済産業省の支援を受け、標準化活動を行ってきました。 2010年には規格文書「マイクロアレイを用いた特定核酸配列の検出に関する一般的定義及び要求事項」を国際標準化団体であるISO/TC 34(食品分野)に提案し、各国から寄せられた意見を取り入れながら、国際投票等のISOの手順を慎重に進め、2013年12月に世界で初めて、マイクロアレイに関連する国際標準ISO16578を発行させることができました。また、この実績を基に、臨床検査の検体としての核酸品質に関して、ISO/TC 212(医療分野)の国内審議団体である日本臨床検査協議会(JCCLS)と共同で標準化を推進しています。2013年11月には、臨床検査に用いられる多項目遺伝子解析技術のための試料の品質に関する予備業務項目(PWI)をISO/TC 212(医療分野)に提案して承認され、国際標準発行に向けて活動を開始しています。(2014年10月時点)

------------------------------------------------------------------------------------------------- 

●標準化項目の例

------------------------------------------------------------------------------------------------- 

生体分子の多項目解析を例とした場合

ログインフォーム

Copyright © 2010 ---.JMAC All Rights Reserved.