バイオ計測技術コンソーシアム(JMAC)活動紹介

JMACでは、会員企業様の事業発展の一助となるよう、次の活動を行っています。

1.国際標準化に関する事業
2.会員参加による調査・研究事業
3.一般企業や市民に向けた紹介・啓発活動

以下に、直近の実績に基づき、概要をご紹介します。

1.国際標準化に関する事業(2018年9月1日現在)

遺伝子関連データベースの品質評価に関する標準化の推進

 JMACは、2017年度より、開発テーマ「遺伝子関連データベースの品質評価に関する国際標準化」のもと、ISOでの新たな規格原案提案に向けて、取り組みを行っています。本事業は、経済産業省からの委託に基づくものです。
 本事業の目的は、データベースの品質に関する国際標準化を我が国自らリードし、遺伝子検査を開発する際の基礎となる核酸配列データベースなど、遺伝子関連データベースの国際的な品質基準を構築することです。これにより、国内の多くの企業が創出している、「信頼性の高い広く認められたデータベースを用いて設計した核酸検出製品」について、国内産業の国際市場への展開を大きく支援することを目指しています。

ゲノム解析および多項目遺伝子関連検査に関する標準化推進

 JMACは、2017年度より開発テーマ「ゲノム解析及び多項目遺伝子関連検査に関する国際標準化」のもと、ISOでの新たな規格原案提案に向けて、取り組みを行っています。本事業は、経済産業省からの委託に基づくものです。
 本事業は、国立研究開発法人 産業技術総合研究所(産総研)が中心となり、国立研究開発法人 理化学研究所(理研)とJMACが共同参画しています。
 本事業の目的は、産総研ならびに理研とともに、“標準物質を用いたゲノム解析の精度管理に関する要求事項”をターゲットとして国際標準化を進めることです。本事業により、国内のゲノム解析に関する信頼性の付与と国際規格に基づいた円滑な検査態勢の構築を図ります。JMACは、「ゲノム解析および多項目遺伝子関連検査に関する国際標準化」を中心に担当し、標準化及び規制の両面から、調査及びロビー活動を実施しています。

蛍光ナノ粒子を用いた生体分子解析システムの評価に関する標準化推進

 JMACは、開発テーマ「蛍光ナノ粒子を用いた生体分子解析システムの評価に関する国際標準化」について、標準化事業を進めています。本事業は、経済産業省からの委託に基づくものです。
 本事業では、日本において開発された高度なナノ粒子製造技術に関し、新たにバイオ研究分野の国際市場を獲得すべくISOでの国際標準化活動を実施しています。高い性能を持つ日本製品の優位性を示すことができ、国際市場で選択され得る機会が拡大するよう、日本企業の開発した蛍光ナノ粒子を含めた生体分子解析システムに関し、性能評価の一般要求事項についての標準化を行うことを目的としています。

科学技術イノベーション政策のための科学・研究開発プログラム

 JMACは、2017年度より、国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST)/RISTEXプロジェクト「先端医療のレギュレーションのためのメタシステムアプローチ」(研究代表者:東京大学大学院新領域創成科学研究科 加納信吾 准教授)に参画しています。
 本プロジェクトは、第1期「先端医療を対象とした規制・技術標準整備のための政策シミュレーション(平成25~28年度)、」に続く、第2期の研究プロジェクトとなります。
 JMACは、国際標準化や規制の観点から、科学技術政策のための科学・研究開発プログラムの考察を行っています。

国際標準化状況

 JMACでは、下表に示す通り、数多くの標準開発に取り組んでおり、会員の皆様のビジネスに沿った、国際標準開発の支援を行うことが可能です。

 表1. 現在開発している国際標準のリスト
現在開発している国際標準のリスト

関連団体名称

 ※昨年度の事業に関する成果報告会で使用した発表資料は、JMACホームページから会員ページにログインして頂きますと、ダウンロードが可能です。

 

2.会員参加による調査・研究事業

定例会の開催
 JMACでは月に一度、定例会を開催しています。定例会では、調査・研究事業の共同実施や、業界動向の紹介、標準化セミナーや会員企業様からの技術紹介等を行っています。

第一部> 専門部会(登録会員向け)
 専門部会にて、規格の策定や、規格策定に必要な試験データ収集のための共同試験等を行っています。専門部会は、会員企業のご要望により随時設置可能な会議体です。現在、以下の3つの部会が設置されています。会員企業の方であれば、参加登録をして頂くことでいつでもご参加が可能です。

精度管理専門部会(活動内容:臨床検査機器の測定妥当性評価に関する国際規格開発において、共同試験を実施し、ISOへの提案文書作成に寄与。今年度、論文発表1件)
合成核酸専門部会(活動内容:「合成核酸の製造方法」(JMAC標準)を制定。国内審議団体を通じてISOに提案し、現在FDIS投票の開始待ち)
ナノテクノロジー専門部会(活動内容:蛍光ナノ粒子を用いた生体分子解析システムの評価に関する国際標準開発を会員企業と共同で実施し、国内審議団体を通じてISOに提案中。現在、NP投票に向け活動中)

 

第二部> 全会員向け
標準化に関するセミナー
 事務局長が、標準化の基本的な知識から応用までの要諦を、自らの知見を交えて解説するプログラムです。最新のシリーズでは、事務局員との掛け合いを通しての実例紹介や、そこに見え隠れする問題点に焦点を当てての実践的な演習を行っており、ご参加の方々からはご好評を頂いています。

特別講演
 大学や研究機関の先端研究者を招聘して、最新の研究内容に関する講演を頂いています。こんな研究の講演を聴講してみたい、というご要望がございましたら、JMAC事務局までお寄せください。
※これまでの講演の演題と講師のリストを末尾に掲載します。

・その他、定例会では会員企業による企業紹介や、業界に関する情報提供を行っています。
 (例:直近の国際会議でのトピックス報告や、イベント告知など)
 また、定例会終了後には講師を囲んでの懇親会(不定期)も行っています。

 

3.一般企業や市民に向けた紹介・啓発活動

JMACシンポジウムの開催

 バイオ分野の国際標準化に関連するテーマで一般向けに開催するシンポジウムです。これまでに6回実施しました。本年度も企画中(2020年1月24日開催予定)です。

 第1回(2013年11月)     「遺伝子検査と国際標準化」
 第2回(2015年1月)       「バイオ産業基盤としての国際標準化」
 第3回(2015年11月)     「バイオ市場拡大戦略としての国際標準化」
 第4回(2017年1月)       「バイオ市場と国際標準化」
 第5回(2017年11月)     「バイオ大量データ時代のmiRNA最新研究から国際標準開発まで」
 第6回(2019年1月)       「miRNA最新研究、国際標準化、リキッドバイオプシーのもたらす未来と展望」 

バイオ関連展示会への出展及びセミナーの実施
関連学会や国際会議での講演・発表

 JMACでは、会員企業の皆様のニーズに合ったサービスをより多く提供できるよう、アンケート等を随時実施しておりますので、ご協力の程よろしくお願いいたします。
 また、ご要望やご質問等がございましたら、ご遠慮なく事務局までお知らせください。

【特定非営利活動法人バイオ計測技術コンソーシアム(JMAC)事務局】
    メール:
    電話: 03-6261-1947 / FAX:03-6261-1948
    住所:東京都千代田区麹町2-4-10 三誠堂ビル6階

直近の特別講演一覧

[2018年12月]
「糖尿病および加齢による認知症促進機構に着目した次世代の認知症創薬を目指して」
 里 直行 先生

[2019年1月]
「富士フイルムの標準化活動について」
 河内 幾生 先生 

[2019年2月]
「ヒトES 細胞における網羅的な転写因子誘導株の樹立とその発現解析」
 中武 悠樹 先生

[2019年3月]
「日本における食物アレルゲンの食品表示制度と検知技術 ~検査キットの開発と市場の動向」
 布藤 聡 先生

[2019年4月]
「インビトロ・プロテオームの構築とそれを用いた機能プロテオミクス」
 五島 直樹 先生

[2019年5月]
「血中反復配列RNAの検出による膵癌の早期診断法開発と反復配列RNAが惹起する発癌機構の解明」
 大塚 基之 先生

[2019年7月]
「革新的なゲノム増幅技術とその活用」
 末次 正幸 先生

[2019年8月]
「動物実験代替法システムとしての組織チップの開発 ―生命とは何かを理解するための合成生物学―」
 田川 陽一 先生

活動実績(2018年度版)はこちら